ローソン限定 フェラーリF1

ローソン限定 FERRARI軌跡のF1コレクション
1/72 全7種 対象商品(缶コーヒー)2本に1台付属
06年10月 非売品

e0016709_1342367.jpg


今回はキャンペーン開始と同時に人気のローソンフェラーリです。




前回のキャンペーンでは市販車でしたが、今回はF1。1/72というスケールの珍しさもありますが、仕上げが難で納得の行くモデルに当たるまで苦労した記憶があった。前作の印象は、キャストはしっかり作ってあるのに、塗装やタンポで損をしていました。それゆえ、過度の期待はしていないが、無償で手に入るミニカーと考えれば充分なモデルでしょう。

::::::::::::::::::::

さっそく購入してきました。全部で7種類…
うっ!!!間違えてました。F2003GAがナイ…orz
入手次第、画像・記事追加致します(陳謝)。
e0016709_13544559.jpg


●375 F1(1951)
全長5.35ミリ 全幅2ミリ
この頃のF1って、ゼッケンは固定されてなかったんですね。1951なら5戦目のウイナー、フロイラン・ゴンザレス(Froilan Gonzalez アルゼンチン)のクルマ。
造形はリベットなどがしっかりつくってある印象。重量感もあるし、好印象。タイヤは安定悪し。
e0016709_14173396.jpg
e0016709_1417416.jpg

●158 F1(1964)
全長5.3ミリ 全幅2.3ミリ
このマシンでドイツ、イタリアGPを制したジョン・サーティスがドライバーズランクで1位となり、フェラーリはコンストラクターズタイトルも獲得した。
今回で一番小ぶりなモデル。細いボディーに収まるエンジンも省略されつつも造形、塗り分けされている。青いホイールが特徴的。タイヤはやや安定悪し。
e0016709_15215849.jpg
e0016709_15221259.jpg


●312 T2(1976)
全長5.7ミリ 全幅2.9ミリ
不死鳥ニキ・ラウダが駆るマシン。この年はBrazil・South Africa・United States West・Belgium・Monaco・Great Britainで5勝を挙げた。
前後異寸タイヤでフロントウイング・リアウイングはプラパーツのメッキ加工。塗り分けは問題無いが、タッチアップ・デカールのズレが多い。タイヤの安定感はまずまず。
e0016709_14362916.jpg
e0016709_14363827.jpg

●126 C2(1982)
全長5.85ミリ 全幅3.0ミリ
コンストラクターズタイトルは獲ったものの、ジル・ビルヌーブという偉大なドライバーを失った、まさに悲劇のマシン。
塗装は艶が足りないし小傷多し。前後ウイングはプラパーツのメッキ加工。エンジン、リアシャーシは萎える出来。デカールも浮きが見られる。タイヤは安定感あり。
e0016709_1446255.jpg
e0016709_14463631.jpg

●F1-90(1990)
全長6.1ミリ 全幅2.9ミリ
プロストでBrazil・Mexico・France・Great Britain・Spainと5勝を挙げるもノンタイトル。コンストラクターズでも2位。セナ・プロ冷戦時代の象徴的マシン。
塗装は艶もあり、デカールも上手く貼れている。流線形のボディーが見事に再現されている。車軸の針金が丸見えなのは残念だが、トータルでは好印象。タイヤもしっかりしている。
e0016709_14565554.jpg
e0016709_1457813.jpg

●F1-2000(2000)
全長5.95ミリ 全幅2.6ミリ
皇帝ミハエル・シューマッハの駆るマシン。シーズン10勝を挙げ、悲願のドライバーズ・コンストラクターズのダブルタイトルを獲得。
贅肉がそぎ落とされたボディの造形は合格。ただ塗装はダメダメ。赤は美しいがタッチアップ、塗り分けミス多数。デカールもズレ多数と、残念な結果に…。タイヤもミゾが入るなど芸は細かいのだが、安定感不足。
e0016709_1552896.jpg
e0016709_1554382.jpg

●F2003-GA(2003)
ミハエル・シューマッハとルーベンス・バリチェロのコンビで8勝(F2003GAでは7勝)を挙げた。この年もドライバーズ・コンストラクターズのダブルタイトルを獲得。
(インプレッションは入手後にします)
(画像なし)

::::::::::::::::::::

やはり予想通り、全体的に辛口なコメントとなってしまった今回のF1モデル。
車種やオマケという立場を考えれば、むしろリリースされる事は賞賛すべきなのは分かっている。ただ、もう少し改善されれば、それこそ神レベルに到達できるコダワリが見えるだけに、この出来には「残念です」と言わせていただきたい。
375F1の運転席や、F2003のタイヤなど、今回も唸るポイントはたくさんあった。
e0016709_15144647.jpg
e0016709_15145628.jpg

しかしながら、デカールの浮きやズレ・潰れ、塗装のはみ出しや、別の色の指紋まで付いたモデルも見受けられた。しかも、その不良比率は5/6と高すぎる。ブラインドで確認出来ない点や、人気が高く買い直せない現状を考えると、オマケとはいえもう少し頑張っていただきたい。
この辛口は、このシリーズに対する期待の裏返しでもあるのだから…
e0016709_15191432.jpg
e0016709_15192278.jpg

e0016709_15193942.jpg
e0016709_15194985.jpg

e0016709_1520068.jpg
e0016709_15201098.jpg


:::::::::::::::::::

ローソンでは、このキャンペーンとは別に前作の「軌跡の名車」セットのプレゼント企画もされている。抽選で3名と、可能性の低いキャンペーンだが、前作を買い逃した方はダメモトで応募されてはいかがだろうか?詳細はコチラ
[PR]

  by eipon2005 | 2006-10-11 15:29 | Convenience minicar

<< ロム特注 ランボルギーニミウラ... 2006\(^o^)/オワタ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE