京商ポルシェ2 934 その2

サークルKサンクス限定 京商ポルシェ2
ポルシェ934 黒・橙・オレンジ
1/64スケール 販売価格399円

e0016709_17481764.jpg






:::930ターボと911ターボ:::::::::::::::::

1973年フランクフルト・モーターショーで前後のフェンダーが大きく張り出した迫力のある911がデビューした。911ターボと呼ばれるこのプロトタイプは280HPを発揮するターボチャージャー付きフラット6ユニットを搭載し、最高速度は280km/hと発表された。
1974年にカタログモデルとして発表された「930ターボ」は、エンジンは3.0リッターにターボチャージャーを取り付けた930/50型ユニットを搭載し、260HP・35kg-m、最高速度250km。外観上の特徴は全幅は1775mmまで拡大されたワイドな前後フェンダーとトレイ状の大型リアウイングに飛び石防止のためのリアフェンダープロテクター。1978年モデルからは3281ccに排気量アップしインタークーラー装着、パワーは265HP・40.3kg-mとなった。
1987年にフラットノーズ仕様、1988年に電動式ソフトトップのカブリオレが生産された。
e0016709_1854046.jpg

e0016709_185691.jpg

カタログ上は1978年がターボ、1979年が930ターボ、1980年が911ターボとなっているが、基本的には変更はなし。1981年以降一時輸入が中断されたが、1983年末から国内販売が再開。排気量は3.3リッターと変わらないが285HPとパワーアップした。1989年に最終モデルが登場、1991年には964ボディ・シャシーの911ターボとなる。
e0016709_1853840.jpg


:::911ターボと934:::::::::::::::::

前置きが長くなってしまいました。
934は911ターボをベースに開発されたレーシングモデル。ということで、今回は京商ポルシェ1の「911ターボ」と今回の「934」を見ながら、進化具合を比較したいと思います。
●前後より
こうして並べると、分かりにくいですね?左が934、右が911ターボです。
e0016709_19291580.jpg
e0016709_19294432.jpg

●お顔立ち
色を替えてみました。934は赤にしています。大型バンパーのおかげもありますが、随分車高が下がった934に対して、やや浮いて見える911ターボ。いやいや、ライトの高さが明らかに違います。935の方が1ミリほど低いです。ライトの間隔も934が2.15ミリに対して911ターボは2.05ミリ。つまり、低くてワイドな顔に変貌していたのです。
e0016709_1971754.jpg

サイドから見ると一目瞭然です。キャビンからライトまでの傾斜がキツくなっていて、ボンネット前端の高さが934の方が下がっています。これがワイド&ロー化、つまりどっしりとした印象を与えています。
e0016709_1930114.jpg
e0016709_19302386.jpg

●お目目
秘密はさらにライトのレンズにもありました。上の画像のほうが分かりやすいかも知れません。丸みを持った911ターボのレンズは100均のビーズの様な印象ですが、934はレンズ表面がフラットになっています。これでレンズ自体も大きく出来、ライトを立たせても丸いイメージが出なくなっています。
e0016709_19305284.jpg
e0016709_1931969.jpg

レンズ自体にも変化が。レンズっぽい加工の934と、まんまるな911ターボ。
e0016709_19313396.jpg
e0016709_19314751.jpg

●ボディ
より大きなフェンダーで武装した934は大迫力。ここは911に分が悪い印象です。934のフロントガラスはより立たせてあり、リアガラスは大きく取られています。ライト内側にスジ彫りを加えた934は、ライト回りがよりシャープに見えます。
e0016709_19354333.jpg
e0016709_19355930.jpg

リアのメッシュ部分は911の方が大きな作りです。ウイングはどちらも別パーツ化されてますが、ほぼ同等の仕上がりです。ミラーもしっかり再現されてて、嬉しい限りです。
e0016709_1942857.jpg
e0016709_19422887.jpg

リアガーニッシュも、両車に「PORSCHE」の文字が…。911の「turbo」の文字が凛々しい。
e0016709_1949186.jpg
e0016709_1949335.jpg

●タイヤ
911のホイールも頑張ってますが、真ん中の黒の塗り分けにムラが目立ちます。手の入り方は素晴らしいのですが…。934の金メッシュは素晴らしいの一言。どうやってココまで仕上がるのか、工場見学してみたい塗り分けです。メッシュも細かくてGJ!
e0016709_19503079.jpg
e0016709_19503853.jpg

ひっくり返ってみました。934の前後異寸、ワイドなタイヤが分かるでしょうか?
e0016709_19545845.jpg


:::終わりに::::::::::::::::

各部の造形に進歩が見られたポルシェ2。前回のポル1で気になった点は「塗膜の厚ぼったさ」でした。しかしこうして並べると、塗装以前に造形に不満があったのが実感出来ました。日々進化していくなかで発売当時は受け入れられたものが、新しく提示された新製品でその見方が変わってしまう…贅沢な時代ですな(笑)。
でも、昔の1/64ミニカーなんて「似てない」のが当たり前。その常識を打ち破った京商には賛辞を贈りますが、ポル2が出たからといってポル1の魅力が薄れるモノではないと思う。ポル1があったから、ポル2が生まれた、そういう意味において、ポル1は実に味わい深いミニカーだと思う。
[PR]

  by eipon2005 | 2006-10-22 20:14 | kyosho

<< 京商ポルシェ2 カレラGT その1 京商ポルシェ2 934 その1 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE