Qステア改造編4 その3 ボディ加工

タカラトミー Qステア
スターターセット QSS-05 
RX-8  C・D BAND
06年9月末発売 1280円(税込み)

e0016709_2324239.jpg


:::ボディ加工:::::::::::::::::

それでは充電も出来ましたんで、早速加工に移っていきます。




その前にご報告ですが、今回のnew Beetleは結構難関です。このブログを参考に改造にトライされるされる方は、別車種を選ばれるのが賢明です。

まずコインホルダー部分に引っ掛けるツメを削りました。
一度ボディに合わせてみると、今度は両サイドが引っ掛かります。シャーシの方がボディより幅広いのです。
e0016709_2381849.jpg
e0016709_2385049.jpg

そこでボディを少し削ります。バランスを考えると、両サイドを削らねばなりません。
1ミリの差なので、両サイドを0.5ミリほど削って広げていきます。
e0016709_23122592.jpg
e0016709_23124343.jpg

うまく収まりそうです。コインホルダー部分もしっかり掛かっています。
e0016709_2323136.jpg
e0016709_23232823.jpg

今度は前です。シャーシとボディを繋ぐ柱が干渉しています。ここは柱を少しずつカットしていきます。ベストなのは柱でシャーシを抑える状態ですので、切りながら合わせましょう。
e0016709_23262753.jpg
e0016709_23264711.jpg

その前にバンパー側も削ります。だいぶ削らねばなりませんが、バンパーはぶ厚いのでイケそうです。赤線は最初にアタリをつけましたが、あとでもう少し削る事になりました…
e0016709_23293467.jpg
e0016709_23295645.jpg

というのは、収めてみると後輪がタイヤと干渉するのです。ここはフェンダーを削っても良いのですが、出来るだけシャーシを前にもって行きたいのです。なぜならボディの形状が丸いので、収めてみると基盤などがボディに干渉しそうだからです。解決策はシャーシの赤い部分のカット。これでフェンダー加工無しにボディは収まりますが、同時に前バンパーも削りたすハメになりました…
e0016709_23305143.jpg
e0016709_23335738.jpg

ここは模型用の幅が狭いヤスリでけずります。削りきったらこんな感じになりました。
e0016709_23315571.jpg
e0016709_23345830.jpg

そんなこんなでボディは収まりましたが、実際にハメてみるとうまく走りません。ボディをかみ合わせると、車輪の回転が止まってしまいます。どこかが干渉してるみたいです。
しまったしまった、島倉千代子…
e0016709_233517100.jpg
e0016709_23353296.jpg



次回へ続きますm(__)m
[PR]

  by eipon2005 | 2006-11-05 23:28 | Choro-Q

<< Qステア改造編4 その4 ボディ調整 Qステア改造編4 その2 ホイ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE