Qステア改造編5

タカラトミー Qステア
車両単品 QS-03 
インプレッサWRX  C・D BAND
06年10月末発売 980円(税込み)

e0016709_1933615.jpg


:::車種選び:::::::

すっかりハマってしまったQステアのボディ乗せ替えです(笑)。
選ぶ前から決まってた、今回の車種。スケスケステアでアッサリ諦めた「スカイラインバン」が今回のお題です。今回も格闘しました…




e0016709_20145718.jpg
e0016709_20151098.jpg

リアルギミック仕様で後部ハッチが開閉し、コインホルダーのツメがリアバンパーの下に来る。通常の形とは明らかに異なるから、まずここをどうするか…そればかり考えてました。
で、出した結論がコレ。シャーシのコインホルダーを通すために、リアバンパーをコインホルダーの幅でバッサリとカット。
内部ギミック部分は総撤去になるので、そのコインホルダーで後部ハッチを押さえる方式。
現場合わせで加工していったが、リアハッチとコインホルダーの隙間が出ない様な位置決めでボディを加工していった。
e0016709_1942232.jpg
e0016709_19423524.jpg

リアの位置を合わせると、まず最初にシャーシの真ん中部分がボディにはまらない。スカバンのボディ幅は、だいぶ狭い様だ。そこで前回同様、ボディ内側を両サイド削るのですが、ココは削り過ぎに注意した。と言うのは、今回はボディ側に本来あるべきコインホルダーのツメをカットしてしまっているので、サイドはある程度テンションがかかってシャーシを支えておきたいと思ったから。この部分は最後に接着するつもりでもある。
e0016709_1956257.jpg

サイドがうまく填まったら、次はフロント。リアの場所から算出すると、バンパーを相当削らないとシャーシは収まらない。そこでバンパーは極薄、ライトやグリルも限界まで削り込んだ。削っていくとライトやグリルの型が浮き出るところまで削っていく。それ以上やると穴が開いてしまうという、ギリギリの場所です。
さらにシャーシの全面も突起を除去して少し削った。ボディを削りこんでも少し収まらないので、この部分で調整していく。シャーシは削っては合わせ、削っては合わせを繰り返した。
e0016709_2032193.jpg
e0016709_2033797.jpg

今回の不要パーツ達…ムーンディスクはまた何かに使えそうで♪
シャーシ後部はご覧の通りで、コインホルダー内側のツメは2箇所とも削ってしまった。今回の工作では削り不要だが、色々考えてるうちに削ってしまった_/ ̄|◯
e0016709_2053162.jpg
e0016709_2054372.jpg

なにはともあれ、リベンジ完了!
やっぱり好きなキャストが動く喜びは、他では味わえないです。ただ気になるのはホイール…
パーツが出るだろうけど、あまりにも似合わない。早急にカスタムパーツのリリースを熱望したい。モーターやギアにタイヤ、色々バリエーションは膨らみそうなんだけどなぁ。
できれば他に、シャーシ単体での発売が望ましいんだけど…
e0016709_19413495.jpg
e0016709_1941444.jpg


:::オマケ:::::::

同時にこんなのも作成しました(笑)。
e0016709_20215333.jpg
e0016709_2022675.jpg

バスは分解が面倒でしたが、加工はシャーシ前の出っ張りをカットした程度。
スペースに余裕があると、超簡単に出来ますね。
コレは今年の打ち上げの、景品にするつもりです♪
e0016709_20251834.jpg
e0016709_202917.jpg

ややお尻が浮いたホットロッドスタイルになりますが、お試しあれ!
e0016709_20255096.jpg

[PR]

  by eipon2005 | 2006-11-10 20:29 | Choro-Q

<< Qステア改造編6 その1 HW dairy delivery >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE